住宅Gメン

小冊子プレゼント

お問い合わせ

なぜ私は
真面目に家づくりを
行うのか

住んでみないと分からない
モデルハウス
宿泊体験

工務店だからこそできる
実力派リフォーム

お客さまの声

お客さまインタビュー Oさま邸

ハウス企画さんに建替えをお願いした理由は何ですか?

ハウス企画さんに建替えをお願いした理由は何ですか?

ハウス企画さんには、以前から何かとお世話になっていました。ハウス企画さんは、"心の通う仕事"をしてくれる工務店さんなんで、何でもおまかせしてしまうんです。
大手さんにもそれなりに良いところはあるのでしょうけど、大手は機械的で小回りが利かないので、私には会わないんですね。
逆に、ハウス企画さんは小回りが利くし、細かな対応をしてくれます。それに、この家を建替えするときも私がお願いしたいろいろなことを、考えて形にしてくれました。
それと、金田社長は家のプランだけではなくて、資金計画までアドバイスをしてくれるんですよ。
私たち素人では分からないことをプロとしてきっちりアドバイスしてくれるんです。
そういう点が、ハウス企画さんに何でもお願いしてしまう理由です。

建替えの時に、どんな要望をされましたか?

建替えの時に、どんな要望をされましたか?

以前の家は、コンクリートの家で変なレイアウトだったんです(笑)。
ですから、一番にお願いしたのは使いやすさですね。金田社長は、私たちの要望でメーターモジュールで家のレイアウトを作ってくれました。ドアもそのサイズに合うようなものを探してきてくれたんです。
そのサイズは、将来的に車椅子で生活しなければならなくなったとしても、家の中を移動しやすいサイズなので、歳をとった私たちにとってはありがたいですね。
また、以前の家には地下室があって、母はその地下室を残すことにこだわりました。でも以前の地下室は湿気がこもりやすくて、何を置いてもすぐにカビが生えてしまっていたんです。
地下室を残したいという話をしたときに、金田社長も悩まれたようですが、何とか日当たりと風通しを確保した地下室を造ることができました。

その他、家づくりのエピソードがありますか?

その他、家づくりのエピソードがありますか?

そうですね。私の家のイメージは西洋風のイメージがあったので、家の窓にステンドグラスを設置することを提案していただきました。それを選ぶときに、私たちを横浜まで案内してくれたことですね。
全体のデザインもあるでしょうから、私たちだけでは選びきれなかったと思うのですが、金田社長が付いてきてくれたので、安心して好みのデザインのステンドグラスを選ぶことができました。
それに、アンティークのステンドグラスは、それぞれサイズが違うので、それを木枠にはめて家に設置することは技術がいるのだそうです。
ですから、私たちだけで買いにいってしまったら、使用できないものも購入してしまっていたかもしれません。
そういう心使いが何よりもうれしいですね。

新しい家の住み心地はいかがですか?

新しい家の住み心地はいかがですか?

家が大きいので、お金はかかりましたが、出来上がりの満足度からいえばとても安くできたと思っています。
この家に住み始めて5年ほど経ちますが、何の問題もありません。本当に快適な生活がおくれているので、この家にとても愛着を感じます。
この家で、一番快適さ感じるのが、夏涼しくて、冬暖かいという点です。
光熱費もビックリするくらい違いますよ。
夏は窓を開けて風を通すとエアコンが要りませんし、冬は孫達が暑がるくらいです。
ハウス企画さんは、「セルローズファイバー」というもので、高気密・高断熱住宅を造っているそうですが、住んでみると、本当に良いものなんだなぁと実感します。
以前の家が、冬はとても寒かったんで余計に違いを感じています。

お持ちのアパートもハウス企画さんでお建てになったそうですね

お持ちのアパートもハウス企画さんでお建てになったそうですね

はい、このアパートが本当に素敵なんですよ。外側のデザインはもちろん、中のつくりもとてもかわいいんです。
金田社長が外国製の手洗いなどを選んでくれてデザインしてくれたおかげです。
住み心地も良いし、デザインもいいですから、建ててから5年以上経ちますけど、常に満室状態なんです。空き室が出てもすぐに次の人が見つかります。このア パートは駅から遠くて不便だとは思うんですけど、住みやすくてデザインがいいと関係ないみたいですね。
ハウス企画さんは、住みやすくて素敵な家をつくってくれただけではなくて、本当に私たちのことを考えて親身になって相談に乗ってくれました。家のことだけではなく資金計画や銀行さんとの折衝なども全て手配していただきました。
私たちもずっとお付合いさせていただきたいと思っていますし、もっともっと、ハウス企画さんのことをみんなに知ってもらいたいと思っています。